2007年07月23日

7/17 夜

この日は再追加公演で一般で
頑張って電話して取ったです。

開演して場内が暗くなってすぐ、
背の高い誰かが係の方に案内されて行きました。
誰だ?


んで、三郎・弁慶の『一の家来』のシーン

三「都ではタッキー&翼という者がいるそうだが、
  タッキーいや、親方と今井翼、お前はどちらを尊敬しているのか?」


弁「今井翼です!」

義「ブッ!」

っと叫び声を発して、そのまま舞台に倒れこむ。
客席ではなにやら両手でこぶしを挙げ喜ぶシルエットが。

しばらくして起き上がって、

義「弁慶!成長したな!」

弁「正直悩みました」

三「弁慶、お前は愛が足りない。
  親方、愛で地球を救えるんですよね?」


観客受ける、さらに三郎

三「いや〜僕も100キロマラソンのトレーニングしてるんですがねぇ」

義「お前、出たいのか?
  心配するな!呼ばれることはない!」


三郎絶句

弁慶、三郎をみて
「無駄なトレーニングだったな」

三郎目が大きくなりまたまた絶句!
客席大爆笑!
義経、後ろ向いて肩揺らして笑ってる

その後でふたたび弁慶に

義「成長したな!!」」

とうれしそうに言っていました。

父さん、風間さんにつっこみ入れられるようになるとは!
鍛えられてきましたね〜


それから

影絵の後三郎が敵に切られて
「い〜た〜い〜」って転がっている三郎に
「こんな傷なんでもない、なぁ三郎!」
家来とはなんたるか!と弁慶が諭すシーンでセリフを噛んでしまって

客席は爆笑、義経さんも笑いを堪えなくなって
三郎さん
「なぁ、三郎って言われても、何が「なぁ!」なんだか」

と笑う所ではないのに妙な空気になってしまって
それでもむりやり芝居に戻していました。

---------------------
ダメ音頭で客席からひっぱりあげられたのは、今井翼くんでした!

見よう見まねで踊る翼。
「踊るよ!」とタッキーに言われ、一列に並んで踊る所を
タッキーと向かいあわせで踊って「逆だ!」と言われてた。

そのあと、挙動不審に踊る翼さん、助けを求めるように何度も何度も
風間さんの方を見て『こうですよ!翼くん!』ってカンジで風間さんも
教えてあげているようで、それを真似て踊ってました。


そんな翼くん、
「ダメ音頭がこんなに長いとは思わなかった!!」
と言っていました〜


それより、ダメ音頭の時、
後ろのスクリーンに踊ってる皆さんの姿が映っているのに
初めて気がついた私はダメですかね。。
posted by ちの at 13:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝沢演舞城 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48968568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。